不動産お役立ち情報

果実酒の話 vol.4

2019.06.08

カテゴリ:石川,ブログ,酒レポ

2019年の青梅
みなさまこんにちは、営業サポートの石川です!
本日は2年振りの梅酒のお話です。

2019年の梅酒造り

今年も業務スーパー今川店の青梅2Lサイズではなく、
和歌山のみなべ産の南高梅3Lサイズを5kg注文して梅酒造りに挑戦してみました。
今年は特に雨が少なく、4Lサイズの注文が出来なかったのでワンサイズダウンなのです。
 
合計で5瓶ほど梅酒を作ったのですが、用意した材料は以下の通りです。(1瓶当たりの分量で明記) 

【用意したもの】

  • ・青梅1kg
  • ・氷砂糖1kg
  • ・お酒(ホワイトリカー、ブランデー、ビーフィータージン、黒糖焼酎 甚松)約2リットル
  • ・5号瓶

 
作る工程は前々回とは少し違ってアク抜きを省いています。(梅農家のお手紙で不要と書いてましたので)
それ以外は同じで、ブランデーのみ2瓶分作成してみました。
 
大き目な物は不作と聞いておりましたが、それでも3Lサイズでも存在感があり
中には綺麗な朱がさしているものもありました。
※↓は朱がさしているものが多く入ったジン梅酒です。
 
ジン梅酒
 
今回の変わり種はこのジン梅酒の他に、甚松(じんまつ)という黒糖焼酎でも作ってみました↓
甚松梅酒
 
作った5瓶を並べてみるとこうなりました。↓
 
2019年の梅酒

次回予告

実はあと1kgだけスーパーで買ってきた2Lサイズの南高梅があります。
こちらは洗ってヘタ取りとした後、冷凍庫に放り込んでいるのです。
世界最強度数のお酒でつけようと思って店を探し回ったのですが、
店に在庫が置いていなかったので、こちらは後日となりました。
スピリタスが手元に4本入り次第作成してレポートしようと思います。
 
それでは今回はこの辺で、最後までご覧頂きありがとうございました。
 

果実酒の話 一覧

 
第1回果実酒の話 vol.1

第2回果実酒の話 vol.2

第3回果実酒の話 vol.3

第4回果実酒の話 vol.4

 

お問い合わせ

東住吉区・平野区・住吉区・阿倍野区の
不動産情報ならお任せください。